実習の目的や形態については、プロジェクト概要をご覧ください。


支援児講座の実施

 「個別の支援計画」の作成、行動改善法、医療・福祉機関との連携等に関する講座を外部の専門家を招き、臨床教育実習支援児講座として開講しています。また、それらの講座を収録し、学内のインターネットを通して複数の学生がいつでも視聴できるように整備しています。

これまでの支援児講座の概要です。

講師:久留米大学 比較文化研究所研究員 臨床心理士 穴井千鶴先生
演題:行動改善スキルの理論と実際
概要:軽度発達障害の特徴、小学校・中学校の現場でどの様な行動療法が使われるのか、サマーキャンプを実施したスタッフとして実践と理論を組み合わせて本当に使える行動療法は、行動の理解や支援の方法についてなど紹介。

講師:佐賀大学医学部小児科 松尾宗明先生
演題:発達障害の医学的診断と医療からのアプローチ
概要:発達障害の診断、評価 (1)発達障害の定義・分類 (2)医学的診断について (3)診断の流れ、診断の問題点 (4)合併症の診断
発達障害の療育 (1)発達療育 (2)医学的治療 (3)療育システムの連携と今後の課題

講師:佐賀県教育庁教育政策課 特別支援教育担当 梶原紳一先生
演題:佐賀県における特別支援教育の現状と今後の課題
概要:特別支援教育、特別支援学校、支援事業、特別支援教育推進プラン等について

講師:佐賀整肢学園こども発達医療センター 小児科 木附京子先生
演題:ADHDのペアレントトレーニング
概要:ADHDの基礎知識 (1)特徴・診断・併存障害 (2)治療・対応
ペアレントトレーニング (1)ペアレントトレーニングの必要性 (2)プログラムの基本的考え (3)プログラムの構成 (4)セッションの設定 (5)各セッションの進め方

 

臨床教育実習マニュアル

 学内のオリエンテーションで学生に配布する資料です。

  「臨床教育実習マニュアル 2009年版」(PDF1MB)

   会場:文化教育学部附属特別支援学校

目次

T.臨床教育実習について

  1)定義

  2)教育目的

  3)本実習導入の背景と経緯

   (1)平成18年7月中央教育審議会答申

   (2)佐賀県の教育課題としての発達障害と不登校

   (3)文部科学省「平成19年度専門職大学院等教育推進プログラム」への選定

   (4)臨床教育実習で培う能力や資質

U.臨床教育実習の形態

  1)「臨床教育実習(大学施設実習)」の目的

  2)「臨床教育実習(学校実習)」の目的

  3)チームによる活動

  4)支援児について

V.臨床教育実習を履修するために

  1)大学院 学校教育専攻開講科目(前期)

  2)学部 学校教育課程

  3)支援児講座(前期)

  4)臨床教育演習 (後期)

  5)その他

W.学生指導の方法

  1)アセスメントシートの活用指導

  2)「個別の指導計画」の作成指導

    【個別の指導計画の例】

  3)教材の作成指導

  4)インストラクションシートの作成指導

    【指導構想(個別指導の場合)の例】

    【インストラクションシートの例】

X.本年度のスケジュールと委員会等

  1)臨床教育実習スケジュール(予定)  2008.4.8現在

  2)委員会・会議・カンファレンスについて

Y   【チェックリスト「実習生の自己評価」(試行)】

Z  【臨床教育実習チーム担当教員と連絡先】

[ 【主な使用教室】

Copyright (c)2009 Saga University. All rights reserved.